活動記録・レジュメ

関西支部 定例研究会

2018年度第1回

日時:2018年5月19日土曜日 午後3時00分~5時00分

会場:関西学院大学大阪梅田キャンパス1005教室(アプローズタワー10階)

第1報告:斉藤宗之(奈良県立大学地域創造学部)

“North-south trade and the environment in general oligopolistic competition”

討論者:藤原憲二(関西学院大学経済学部)

第2報告:坪井美都紀(兵庫県立大学大学院経済学研究科博士後期課程)

“Exhaustible Resources, Welfare, and Technological Progress in the Stochastically Growing Open Economy”

論文 関連論文 報告スライド

討論者:中元康裕(関西大学総合情報学部)

2018年度第2回

日時:2018年7月21日土曜日 午後3時00分~5時00分

会場:阪南大学あべのハルカスキャンパス セミナー室(あべのハルカス23階) 

第1報告:浅海達也(神戸大学大学院経済学研究科博士後期課程)

「The Dynamic Effect of Openness on Income Distribution and Long-Run Equilibrium」

報告スライド

討論者:國枝卓真(関西学院大学経済学部)

第2報告:森田忠士(近畿大学経済学部)

「Welfare, Tax Discrimination, and Horizontal Foreign Direct Investment」

要旨

討論者:川越吉孝(京都産業大学経済学部)

2018年度第3回

日時:2018年11月10日土曜日 午後3時00分~5時00分

会場:関西学院大学大阪梅田キャンパス1003教室(アプローズタワー10階) 

第1報告:斎藤佑樹(大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程)

「On the welfare effects of global patent protection in a model of growth and outsourcing」

報告要旨

討論者:森田忠士(近畿大学経済学部)

第2報告:杉山泰之(福井県立大学経済学部)

「Optimal policy for Environmental Goods Trade in Asymmetric Oligopolistic Eco-industries」

討論者:市野泰和(甲南大学経済学部)

2018年度第4回

日時:2018年12月15日土曜日 午後3時00分~5時00分

会場: 阪南大学あべのハルカスキャンパス セミナー室(あべのハルカス23階) 

第1報告:東田啓作(関西学院大学経済学部)

「Legal Jurisdiction on the High Seas and Emission Taxes on Transportation」

討論者:大川昌幸(立命館大学経済学部)

第2報告:趙来勲(神戸大学経済経営研究所)

「How Diplomatic Conflicts Distort Bilateral Trade」

討論者:朱連明(大阪大学社会経済研究所)

2018年度第5回

日時:2019年1月26日土曜日 午後3時00分~5時00分

会場: 関西学院大学大阪梅田キャンパス1005教室(アプローズタワー10階) 

第1報告:田所篤(大阪大学経済学研究科博士後期課程)

“Optimal tariffs, variable markups and cross price effects of imported goods”

abstract

討論者:新宅公志(広島修道大学経済科学部)

第2報告:大川良文(京都産業大学経済学部)

「所得再分配政策と輸入関税政策の経済厚生効果の比較~小国開放経済のケース」

報告要旨

討論者:杉山泰之(福井県立大学経済学部)

2018年度第6回

日時:2019年3月30日土曜日 午後3時00分~5時00分

会場: 関西学院大学大阪梅田キャンパス1408教室(アプローズタワー14階) 

会場電話:06-6485-5611

第1報告:亀井慶太(西南学院大学経済学部)

「公企業を伴った寡占的一般均衡理論」

Abstract

討論者:金原大植(日本学術振興会特別研究員PD (神戸大学経済学研究科))

第2報告:丸山佐和子(近畿大学経済学部)

“Changes in trade patterns after the EU accession: the case of Sweden”

報告スライド

討論者:神事直人(京都大学経済学部)


TOP