NEWS

2021年度関西支部第1回研究会の案内

2021.04.09

次回の研究会は通常とは異なる対面とオンライン(Zoom)でのハイブリッド開催を予定しています。

近畿3府県に出されている緊急事態宣言の期間延長を踏まえて、完全オンライン開催に変更します。

※事前参加登録で対面参加を予定されていた方々にも、ZoomのURL等の情報は送信いたしますので、再度の参加登録は必要ありません。

 

 

日時:2021年5月22日土曜日 午後3時00分~5時10分 

会場:谷岡学園梅田サテライトオフィス(JR大阪駅が最寄り駅となっております。アクセスの詳細については、次のURLよりご確認ください。

http://www.tanigaku.ac.jp/contents/guide/img/satellite_access.pdf

会員情報システムから送信されるメールの案内に従って事前登録をしてください。

また、今年度から研究会案内ハガキは送付せず、会員情報システムによるメールでの案内のみとなりますので、ご不明な点がある場合は関西支部事務局(jsie-west@narapu.ac.jp)までご連絡ください。

 

第1報告:高田彩夏(兵庫県立大学大学院博士後期課程)

「Trade Liberalization, an Employment Double-Dividend Hypothesis, and Welfare with Heterogeneous Firms」

abstract  paper

討論者:杉山泰之(福井県立大学経済学部)

第2報告:田淵太一(同志社大学商学部)

「貿易理論史の転換点──シーニアvsトレンズ論争の意義」

報告概要     報告スライド

討論者:山本勝也(山口大学大学院東アジア研究科)


TOP